重要事項説明書と契約書への記名と押印

宅地建物取引主任者と言うのは、国家資格の一つであり、不動産会社に勤める人が資格を保有している事で、宅地建物取引主任者の独占業務を可能にすると言う資格です。

一般的に、不動産会社に就職する際に必ず必要とされる資格ではありません。
しかし、この資格を保有しているかどうかにより、業務の幅は差と言うものが生じてしまいます。

宅地建物取引主任者の独占業務と言うのは、不動産売買契約、賃借契約の際に行われる重要事項の説明、重要事項説明書への記名および押印、契約内容記載書への記名および押印の3つの業務を可能にします。

尚、宅地建物取引主任者は、この資格試験を合格し、都道府県知事の資格登録を受けたのち、取引主任者証の交付を受けることが必要となります。
また、これらの独占業務を行う際には、交付された取引主任者証を提示した上で行う事が義務付けられています。

宅地建物取引主任者は、重要事項の説明を行い、購入者などに対して説明を行う義務が有ります。
また、この説明は相手が理解をしなければなりません。
仮に、相手が誤解をしている事を知りながらも説明を終了させてしまえば、法律違反になります。
また、説明書終え、契約書への押印や記名と言ったことも、宅地建物取引主任者が行うことになります。

コメントは受け付けていません。