重要事項の説明

不動産取引において、宅地建物取引主任者と呼ばれる資格を持つ事で、不動産売買契約や、不動産賃借契約の際に、重要事項の説明を可能にします。

これは、宅地建物取引主任者の資格を持つ人のみが行える独占業務でもあり、重要事項説明書に書かれている内容について説明を行う義務、説明を行った結果、取引を行う人々がそれを理解した上で契約を行うための説明になります。

尚、この説明を行う際には、宅地建物取引主任者証を提示した上で行い、説明が終了するまでの間は、提示したままの状態にすると言った特徴があります。

不動産取引の中では、契約前に重要事項についての説明が行われます。
これは契約後に起きるトラブルを未然に防ぐ目的で行われるもので、聞いていなかった、聞いたけれども理解できなかったと言った事を未然に防止する方法でもあるのです。

重要事項説明書の中に記載されている内容は全て、宅地建物取引主任者が説明を行い、契約をこれから行う人に対して十分な理解をするまで説明を行う義務があります。
仮に、理解していないのにも関わらず説明を終了させてしまえば、それは法律上の違反と言う事になります。

尚、これらの説明と言うのは、不動産売買や賃借の場合などで説明の内容などが異なるのが特徴なのです。

コメントは受け付けていません。