他業者への依頼ができるかできないか

不動産会社に、不動産の売却を相談に来る人の中には、売却依頼中で、他業者への依頼を検討している人がいます。売却を依頼するときには、媒介契約を不動産会社と交わします。そのときに、3つの媒介が選べます。複数の業者に依頼するのが、一般で、一社に依頼するのが専任、一社に依頼し、自己発見も禁止するのが専属専任です。専属専任は、自己発見ができないので、たとえば、親戚や知人が買いたいと言ってきても、必ずその不動産業者を通さなければいけないので、勧めてくる業者はまずいません。専任の場合は、一社しか、販売活動ができませんので、その物件を購入したい人が現れれば、売り主からは、必ず仲介手数料がもらえます。そのため、業者はこの媒介で契約を結ぼうとします。その方が、販売活動にも力が入るというメリットがあります。選んだ業者があまり良くない会社だった場合は、一社にしか頼んでいないので、デメリットとなります。一社にしか依頼しないので、不動産業者の選定が一番重要です。ただ、一旦専媒介契約を結んだとしても、有効期限は3か月なので、3か月後、依頼を断り、他の業者に依頼し直したり、一般媒介に変更したりできます。媒介契約は、自動更新ではないため、更新しますという申し出がない限りは、勝手に販売してはいけません。稀に、自動更新と偽って、媒介契約を更新する業者もいますので、気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。