媒介契約の種類

媒介契約には3つの種類があります。その一つが一般媒介です。これは、複数の不動産会社と契約を結ぶことのできるものです。いくつもの不動産会社を利用する事によって情報を多く流通させることができるというメリットがあります。不動産会社側には特に何かをしなければならないという制約がありません。
専任媒介は、一つの不動産会社としか結ぶことのできない媒介契約です。不動産会社は、物件情報を指定流通機構に登録しなければならないなどの制約がありますが、取引を成立させる可能性が高いために、販売活動には力を入れてくれるというメリットがあります。
専属専任媒介も一つの不動産会社としか契約を結ぶことができません。違いはというと、専任媒介の場合には、不動産会社を通さずに、自分で買い手を見つけてきた場合にはその買い手と売買契約を結ぶことができるのですが、専属専任媒介の場合には自分で買い手を見つけて売買することはできません。契約している間は、不動産会社が見つけてきた買い手としか売買ができないのです。不動産会社は、買い手を見つければ確実に売買を成立させて手数料収入を得ることができますから、販売活動にはもっとも力を入れてくれるというメリットがあるのです。

コメントは受け付けていません。