媒介契約のやり方

媒介契約とは、不動産業者に不動産の売却の仲介を依頼するための契約です。一般的には、不動産の査定を依頼し、その価格が折り合えば、販売活動を依頼します。価格は、売り主が最終的には決めますので、査定価格と違っても問題はありません。仲介業者と相談しながら、決めましょう。よい不動産業者は、査定価格を高く出してくる業者ではなく、売れる適正価格を出してくる業者です。自分の希望する金額も、考慮してくれて、アドバイスしてくれたり、営業活動の報告を1,2週間に一度はしてくれる業者は、いい業者です。買い手が見つかり、売買をするときには、不動産業者に仲介手数料を支払います。400万を超える取引であれば、物件価格の3%+6万円に消費税を含めた金額は発生します。基本的に、仲介は、成功報酬なので、広告費用などはかかりません。住宅ローン、近隣との調整など、さまざまな手伝いをしてくれます。あまり良くない業者は、仲介手数料を安くはしますが、広告費を請求したり、契約書の作成以外は何もしないといったことがありますので、気をつけましょう。ただし、境界明示などの調査費用は売り主負担であることがほとんどです。有効期限は3か月で、自動更新ではありませんので、不安な業者であれば、更新のタイミングで変更するのが一番スムーズです。

コメントは受け付けていません。