宅地建物取引業の仕事

 
ビジネス女性04宅地建物取引業の仕事といえば「マンションや家を買う時、売る時、あとアパ-ト等を借りる時に色々なことをしてくれる仕事」というイメ-ジです。もちろん、この仕事は不動産業なので、不動産の売買の代理や仲介、アパ-ト等の紹介から物件の管理まで色々なことをする仕事です。しかし、この仕事の幅はもっと広いのです。例えば、一定の広さの土地を買って、そこに分譲の一戸建や分譲マンションを建設して販売するような不動産屋さんもいます。また、自宅を購入する場合には、ほとんどの人が住宅ロ-ンを利用するので、不動産屋さんは銀行等の金融機関の紹介もしてくれます。

 

また、「こんな書類があると希望金額でロ-ンが組めますよ」というようなアドバイスもしてくれることがあります。更に、ほとんどの不動産屋さんは、お客様が希望すれば、中古の一戸建てやマンションのリフォームやリノベーションもします。もちろん、引っ越し業者の紹介もします。また、ほとんどの不動産屋さんは、損害保険の代理店もしているので、火災保険等の手続きもします。更には、インタ-ネット回線の取次やプロバイダーの紹介もします。即ち、この仕事は「不動産のスペシャリスト」というよりは「不動産『全般』のスペシャリスト」という感じです。